原料メーカーでもあるからできる競争力のある健康食品、美容ドリンクのOEM

医療機関ルートのサプリメント市場参入マニュアル

平成26年(2015年)8月28日、厚生労働省医政局総務課からの事務連絡で正式に「サプリメントの販売は附帯業務」と認められる通達が出されております。

H26.8.28 厚生労働省医政局総務課からの事務連絡(抗加齢医学会のサイトより)

この医療機関でのサプリメント販売は、ますます伸びていくと弊社では予測しております。実際、日本抗加齢医学会の賛助会員であることもあってか、弊社でも、ここ数年、医療機関ルートへのOEM商品の供給で実績を残しつつあります。この市場の参入していくに当たり、鉄則や気を付けるべき点などをOEM供給の現場で学んで参りました。このページでは、そこで得られたノウハウをご紹介させていただいております。是非、参考にしていただければ幸いです。
※基本、オリジナルサプリでの展開を前提としております。

医療機関ルートのサプリメントの鉄則

・医療機関(院長)の考え方を集約した商品
体感型エビデンス型の商品設計
量販店とは真逆の商品
・多品目よりオールインワン
・診療科目に適した商材選定
・モール型通販サイトでの販売※薬事法の制約に注意
・販売価格は市場価格の+20〜30%まで
・リピート購入してもらうことで収益を積み重ねるというリピート商材の概念を大切にすること
・コメディカルが一言で説明できるキャッチ作り

最も大事なのは、価格設定とコメディカルが販売できる仕組み作りです。
弊社チーフコンサル栗山が作成した資料をご提供したり、様々なアドバイスもさせていただいております。

仕入れ商品とオリジナル商品のメリットデメリット

<メリット>
・自由な設計が可能
・仕入れ商品より利益率は高い
・卸販売が可能

<デメリット>

・在庫リスク
・設計面の製造責任
・販売ツールの作成

留意点

・販売者は、法人でなくても、個人(院長)でも可能です。
・PL保険への加入を推奨しております。
・チラシなどへの助言や制作会社の紹介も致します。
・賞味期限は、製造から2年間です。

オリジナル商品での展開に向いている医療機関

・年間600個以上の商品販売実績がある。
※商品設計にもよりますが、予算としては、最小ロットの条件で1商品70~120万円が平均的です。
・卸先の当てがある。
・通販での販売もチャレンジし、遠方の患者さんにもサプリを届けたい。

1院でも、最小ロット量を1年間で販売し切る医院さんも多数存在いたします。
チャレンジなされることをオススメいたします!

具体的に、サプリメントの製造をご検討なされる場合、OEMページもご一読いただければ幸いです。
どのような剤形に対応しているか、剤形毎の最小ロットなどもご紹介させていただいております。

なお、弊社の得意な分野は、社名の通り、アンチエイジングです。弊社は、アンチエイジングに特化した原料メーカーでもございます。トップシェアの赤ワインレスベラトロール、HGH系のアミノ酸、DHEA類似体の山芋ジオスゲニン、レモン果皮由来の葉酸など、様々な原料を取り揃えております。

お問合せ

お問合せ

健康食品の機能性原料をお探しの方、サプリメント、美容ドリンク、ゼリーのOEMをご検討されている方は、お気軽にお問合せください。
異業種で初めて健康食品を製造される方も、わかりやすく丁寧にサポートさせていただきます。
このページのトップへ
PCサイトに表示切り替え
スマートフォンサイトに表示切り替え