中国など海外向けにも対応、丁寧かつ細やかなサポートが自慢!

美容目線のプロテオグリカンのクリエイティブ例

プロテオグリカンの美容商品の説明例

驚愕!お肌の保水はヒアルロン酸だけではなかった!
実は、お肌の保水機能は、ヒアルロン酸とプロテオグリカンで行われおり、この両方が加齢で減ることでお肌のエイジングサインを出されていたのです。
プロテオグリカンは、ひも状のヒアルロン酸に結合するフワフワ羽毛であり、羽布団の羽毛の役割を話しているのです。
本来は、このプロテオグリカンにもアプローチする必要があったのです。

この商品は、肌のクッション成分プロテオグリカンに着目した商品です。

この商品に使用されるプロテオグリカン原料にもこだわっています。
北海道長万部で漁獲された鮭から、生のまま鼻軟骨を摘出することで、変性がより少ない光り輝く鼻軟骨を得ています。
そして、その鼻軟骨からを丁寧に一週間をかけてプロテオグリカンを抽出しています。
このこだわりがこの商品に使用される「生の形のままのプロテオグリカン(非変性プロテオグリカン)」を生み出しているのです。プロテオグリカンの秘密は、すべてこの生の形にあります。
是非、このこだわりのプロテオグリカンを体感してみてください。

プロテオグリカンの美容素材としての説明例

お肌は、骨格を作っているコラーゲン、コラーゲンを繋ぎ止めるエラスチン、保水の役割を担うヒアルロン酸で構成されることが知られています。
このプロテオグリカンは、お肌の奥深くにある真皮に存在し、ヒアルロン酸と共に保水機能とクッション機能を司る成分です。ヒアルロン酸は長いひも状、プロテオグリカンは羽状をしています。
お肌では、ひも状のヒアルロン酸に複数のプロテオグリカンの羽がついています。その羽状の構造のため、ヒアルロン酸を超える保水性やクッション性を有しています。今、注目度が急上昇している美容素材です。
この真皮のヒアルロン酸やプロテオグリカンは、加齢によって減少することがわかっており、お肌の重要なエイジングサインとなっているのです。

>>プロテオグリカンへ
>>鮭鼻軟骨エキスへ

お問合せ

お問合せ

健康食品の機能性原料をお探しの方、サプリメント、美容ドリンク、ゼリーのOEMをご検討されている方は、お気軽にお問合せください。
異業種で初めて健康食品を製造される方も、わかりやすく丁寧にサポートさせていただきます。
このページのトップへ
PCサイトに表示切り替え
スマートフォンサイトに表示切り替え