原料メーカーでもあるからできる競争力のある健康食品、美容ドリンクのOEM

カルシウム(サンゴ、卵殻、貝殻)

牛乳

カルシウムは必須ミネラルの一つです。
人の体重の1~2%を占めていて、そのうち99%が骨や歯に存在して、丈夫な身体を保つのに必須な成分です。
残りの1%は血液、筋肉、細胞など、広く存在しています。

カルシウムは日本人に最も不足しているミネラルで、体内への吸収率が低い成分なため、積極的に摂取することを薦められています。

特にカルシウムが欠乏すると骨粗しょう症を起こす可能性が高くなります。
また、肩こり、腰痛になったり、怒りっぽく、イライラするようにもなると言われています。

カルシウムを多く含む食材は、牛乳、乳製品、骨ごと食べる魚、殻ごと食べるエビ、葉物野菜に含まれています。

カルシウムの吸収を促進するのは、カゼインホスホペプチド、ビタミンD、乳糖などです。

カルシウムと一緒にマグネシウムを摂取すると骨の形成に役立ちます。
マグネシウム1に対し、カルシウム2~3の割合と言われています。

リンも骨を形成する成分ですが、カルシウムの吸収を阻害するため、一緒に摂取するときは注意が必要です。
リンは加工食品などに含まれているため、カルシウムを摂取するときは気を付けてください。

また、シュウ酸、フィチン酸、脂質、塩分、カフェイン、喫煙もカルシウムの吸収を阻害すると言われています。

カルシウムの推奨摂取量を食事からとるのは難しいので、サプリメントやドリンクから摂取することがおすすめです。

カルシウムに期待される効果

骨、歯の形成

骨、歯の主要な成分です。
骨はカルシウムの貯蔵庫としての役割があり、身体の中でカルシウムが不足した時に骨からカルシウムを血液中に送り込んで補おうとします。

骨粗しょう症

骨粗しょう症は、新しい骨を作る「骨形成」と、古い骨を壊す「骨吸収」のバランスがくずれ、骨形成が低減されておこる病気です。

女性は特に骨粗しょう症になりやすいと言われています。女性ホルモンがカルシウムの吸収を促進してくれるのですが、女性ホルモンの分泌が少なくなると骨密度が減少していってしまいます。

また、過度なダイエットもカルシウム不足を引き起こしてしまうため、若いときにカルシウム不足の状態になると、高齢時に骨粗しょう症になる危険が高くなります。

精神の安定

カルシウムは、神経伝達を正常に保つ効果や、緊張、興奮を抑えてイライラやストレスを緩和する効果がわかっています。

1日の推奨摂取量

年齢、性別によって変わりますが、
成人男性1日700~800mg、成人女性で650mgです。上限量は18歳以上で2,300mgです。
※12~14歳は最も高く、男性が1,000mg、女性が800mgになります。

本原料は、原則、OEM製造に限定させていただいております。

お問合せ

お問合せ

健康食品の機能性原料をお探しの方、サプリメント、美容ドリンク、ゼリーのOEMをご検討されている方は、お気軽にお問合せください。
異業種で初めて健康食品を製造される方も、わかりやすく丁寧にサポートさせていただきます。

目的効果カテゴリー別:売れ筋原料

美容

>> 最新市場動向 >> 処方例

美白/日焼け防止

 

美容系解毒

健康全般

ダイエット

吸収阻害系

満腹系 ファスティングにオススメ

>> 最新市場動向 >> 処方例

便通/腸内環境

ロコモ/関節

滋養強壮/スタミナ

>> 処方例

肝機能

アイケア

>> 処方例

認知症

免疫

>> 処方例

スポーツ

デトックス(重金属排出)

  • α-リポ酸
  • システインペプチド含有酵母エキス(グルタチオン)
  • フィチン酸
  • 亜鉛
  • セレニウム(セレン)
  • マグネシウム

>> 処方例

ED/LOH

育毛

漢方素材

変り種

  • クロレラCGF
  • 強壮ミックス末

妊活

PMS

消臭

中国向け

また、上記以外の原料についても販売しておりますので、お気軽にご相談ください。

お問合せ

お問合せ

健康食品の機能性原料をお探しの方、サプリメント、美容ドリンク、ゼリーのOEMをご検討されている方は、お気軽にお問合せください。
異業種で初めて健康食品を製造される方も、わかりやすく丁寧にサポートさせていただきます。
このページのトップへ
PCサイトに表示切り替え
スマートフォンサイトに表示切り替え