原料メーカーでもあるからできる競争力のある健康食品、美容ドリンクのOEM

エラスチン 弹性蛋白 美容原料

エラスチンはコラーゲンとほとんど一緒に、皮膚の真皮、腱、靭帯、血管壁等などに存在する、弾力性のある繊維状たんぱく質です。
牛スジ肉、手羽先、軟骨、煮魚などに多く含まれています。

肌の真皮はコラーゲンが約70%と最も多く、エラスチンは2%前後にしかすぎませんが、エラスチンがコラーゲンを支えているため、皮膚の弾力性を維持することができています。

エラスチンは20代後半から著しく減少し、ターンオーバーも遅いため、アンチエイジング原料としてサプリメント、化粧品で商品化されているたんぱく質です。
コラーゲン、ヒアルロン酸と一緒に配合されることが多いです。

エラスチンに期待される効果

美肌

コラーゲンを支え肌の弾力を保つエラスチンは、加齢や活性酸素によるシワやたるみの改善が期待されます。
エラスチンを摂取することで、コラーゲンやエラスチンの生成を促進することが報告されています。

動脈硬化予防

エラスチンは血管壁に存在し、弾力を与える役割をしています。
活性酸素や加齢、ストレスによってエラスチンが減少してしまうと、血管の柔軟性が失われ、心筋梗塞、動脈硬化などになりやすいですが、エラスチンには、その予防につながる働きがあるといわれています。

1日の推奨摂取量

特に設定されておりませんが、100mg~200mgくらいを目途にすると良いでしょう。

エラスチンは睡眠中に生成されるため、摂取する時間は就寝前が効果的だといわれています。
いわゆるシンデレラタイムの夜10時~深夜2時の時間帯は美容、健康のために寝ることが重要です。

お問合せ

お問合せ

健康食品の機能性原料をお探しの方、サプリメント、美容ドリンク、ゼリーのOEMをご検討されている方は、お気軽にお問合せください。
異業種で初めて健康食品を製造される方も、わかりやすく丁寧にサポートさせていただきます。

目的効果カテゴリー別:売れ筋原料

美容

健康全般

 

冷え対策

 

貧血予防系

 

リラックス系

 

抗糖化系

>> 処方例

ダイエット

吸収阻害系

満腹系 ファスティングにオススメ

>> 最新市場動向 >> 処方例

便通/腸内環境

ロコモ/関節

滋養強壮/スタミナ

>> 処方例

肝機能

アイケア

>> 処方例

認知症

>> 処方例

免疫

>> 処方例

スポーツ

デトックス(重金属排出)

  • α-リポ酸
  • システインペプチド含有酵母エキス(グルタチオン)
  • フィチン酸
  • 亜鉛
  • セレニウム(セレン)
  • マグネシウム

>> 処方例

ED/LOH

育毛

漢方素材

変り種

  • クロレラCGF
  • 強壮ミックス末

妊活

PMS

消臭

また、上記以外の原料についても販売しておりますので、お気軽にご相談ください。

お問合せ

お問合せ

健康食品の機能性原料をお探しの方、サプリメント、美容ドリンク、ゼリーのOEMをご検討されている方は、お気軽にお問合せください。
異業種で初めて健康食品を製造される方も、わかりやすく丁寧にサポートさせていただきます。
このページのトップへ
PCサイトに表示切り替え
スマートフォンサイトに表示切り替え