レスベラトロール含有赤ワインエキス配合サプリメントなど健康食品、美容ドリンクの受託製造

赤ワイン由来レスベラトロール シェア業界No.1原料

レスベラトロール含有赤ワインエキス

アンチエイジング・プロ 1番人気原料!
順天堂大学共同研究 ヒト臨床試験あり! 業界トップシェアレスベラトロール原料!

健康食品原料レスベラトロール含有赤ワインエキス

フランスが高脂肪摂取量が多いにも関わらず冠動脈効果疾患の死亡率が低いという「フレンチ・パラドックス」で、赤ワインの健康ブームが起きました。
赤ワインには様々なポリフェノールが含まれていますが、そのなかで、有名になったポリフェノールがレスベラトロールです。

レスベラトロールは、ブドウの果皮などに豊富に含まれている抗酸化物質で、アンチエイジング原料として、サプリメント先進国アメリカでもたくさん商品化され飲まれています。
現在も多くの研究報告がおこなわれており、様々な効果が確認されています。

そのなかで、NHKの番組でも取り上げられたのが、レスベラトロールによる「サーチュイン遺伝子」の活性化です。

原料情報(規格書など) How to Use(摂取目安量など) 

長寿ポリフェノール

生物の寿命が延びるとされる遺伝子「サーチュイン遺伝子」についてNHKで放送されました。
サーチュイン遺伝子は、長寿遺伝子または長生き遺伝子とも呼ばれる遺伝子です。
ハーバド大学デビット・シンクレアの研究チームであるHowitzらは、2003年、レスベラトロールによってテロメアDNAの寿命を延ばすことを発表し、一気にレスベラトロールの注目度が高まりました。

Howitz KT, Bitterman KJ, Cohen HY, Lamming DW, Lavu S, Wood JG, Zipkin RE, Chung P, Kisielewski A, Zhang LL, Scherer B, Sinclair DA. Small molecule activators of sirtuins extend Saccharomyces cerevisiae lifespan. Nature. 2003; 425(6954): 191-6.

また、同研究チームが高カロリー摂取を続けるマウスにレスベラトロールを投与すると長寿遺伝子であるサーチュイン遺伝子が活性化され、短命化するはずのマウスが短命化しなかったという論文を発表がなされ、レスベラトロールという成分が大注目を浴びるようになってのです。

レスベラトロールのマウス実験

Baur JA, Pearson KJ, Price NL, Jamieson HA, Lerin C, Kalra A, Prabhu VV, Allard JS, Lopez-Lluch G, Lewis K, Pistell PJ, Poosala S, Becker KG, Boss O, Gwinn D, Wang M, Ramaswamy S, Fishbein KW, Spencer RG, Lakatta EG, Le Couteur D, Shaw RJ, Navas P, Puigserver P, Ingram DK, de Cabo R, Sinclair DA. Resveratrol improves health and survival of mice on a high-calorie diet. Nature. 2006; 444(7117): 337-42.

サーチュイン遺伝子は、カロリー制限を行うことでも活性化することが知られており、Colmanら(2009年)の研究で、20年ほど飼われているサル(アカゲザル)で実験したところ、カロリーを30%制限したサルのサーチュイン遺伝子が活性化し、見た目も毛ヅヤが良くて肌もハリがあり、とても元気でした。
この遺伝子が活性化すると寿命が20~30%延びることが確認されています。

Colman RJ, Anderson RM, Johnson SC, Kastman EK, Kosmatka KJ, Beasley TM, Allison DB, Cruzen C, Simmons HA, Kemnitz JW, Weindruch R. Caloric restriction delays disease onset and mortality in rhesus monkeys. Science. 2009: 325(5937): 201-4.

このようにカロリー制限で認められたサーチュイン遺伝子の活性化ですが、レスベラトロールの摂取でも活性化することが報告されています。

これが「長生きポリフェノール/長寿ポリフェノール」と呼ばれる所以となりました。
最近では、サーチュインが活性化して老化を遅延させることから「美魔女ポリフェノール」とも呼ばれ始めています。

他にも、下記のような様々な報告がされています。

  • 抗がん作用
  • 糖尿病の予防
  • 動脈硬化系疾患の予防
  • 認知症の予防

まさに、レスベラトロールは、トータルアンチエイジング素材とも言えるような素材なのです。

引用文献:
Potter GA et al., The cancer preventative agent resveratrol is converted to the anticancer agent piceatannol by the cytochrome P450 enzyme CYP1B1. British Journal of Cancer 2002; 86, 774-778.

Brasnyó P, Molnár GA, Mohás M, Markó L, Laczy B, Cseh J, Mikolás E, Szijártó IA, Mérei A, Halmai R, Mészáros LG, Sümegi B, Wittmann I. Resveratrol improves insulin sensitivity, reduces oxidative stress and activates the Akt pathway in type 2 diabetic patients. Br J Nutr. 2011; 106(3): 383-9.
Tomé-Carneiro J, Gonzálvez M, Larrosa M, Yáñez-Gascón MJ, García-Almagro FJ, Ruiz-Ros JA, García-Conesa MT, Tomás-Barberán FA, Espín JC. One-year consumption of a grape nutraceutical containing resveratrol improves the inflammatory and fibrinolytic status of patients in primary prevention of cardiovascular disease. Am J Cardiol. 2012; 110(3): 356-63.
Witte AV, Kerti L, Margulies DS, Flöel A. Effects of resveratrol on memory performance, hippocampal functional connectivity, and glucose metabolism in healthy older adults. J Neurosci. 2014;34(23):7862-70.

アンチエイジングに赤ワインエキスがオススメな理由

赤ワインエキス末

海外を含めレスベラトロールのサプリメントは様々ありますが、当社では赤ワイン(;赤ワインの製造工程で用いられる黒ブドウ)から抽出した原料を採用しております。

その理由は、レスベラトロールだけでなく、、他にも豊富に含まれているポリフェノールも、アンチエイジングの効果が期待できるからです。

さらに、赤ワインの発酵だけでなく独自製法<span style=”font-size: 150%;”>二段発酵製法により、発酵のチカラでOPCやLPSが生み出されるためです!

特に、強い抗酸化力がありヨーロッパで研究報告があるオリゴメリック・プロシアニジン(OPC)プロアントシアニジンを含んでいて、この発酵ポリフェノールも「フレンチ・パラドックス」に影響を与えていると言われています。
これらは、ブドウの種に多く含まれているため、ブドウを種ごと発酵する赤ワインに豊富に含まれているので、赤ワインエキスがお勧めなのです。

レスベラトロール含有原料「赤ワインエキスR5」

当社原料「赤ワインエキスR5」には3つのこだわりがございます。

フランス黒ブドウ畑

  • 素原料のブドウは、初夏の日照時間が15時間を超える南フランスで収穫される黒葡萄に厳選しています※ローヌ~カルカソンヌのエリア
  • OPCを作る発酵工程を踏んでいます
  • 特殊な分離抽出法を用いることで、トランス体レスベラトロールを中心に健康成分を効率的に抽出しています
  • 二段発酵製法で免疫ビタミン:LPSも高含有!

この原料は、レスベラトロール 5%以上、OPC 40%以上、総ポリフェノール 40%以上含んでおり、赤ワインに豊富に含まれるポリフェノールがギュッと凝縮されているアンチエイジング素材としてオススメな機能性原料です。

赤ワインエキス組成イメージ

赤ワインに含まれるレスベラトロール

赤ワインに含まれるレスベラトロールは微量のため、赤ワインで推奨摂取量5mgを摂取するためには最低でもグラス10杯以上必要です。
産地や品種によって含有量が変わってくるので、少ないものだと250杯も飲まなければなりません。

また、赤ワインには当然アルコールが含まれておりますので健康のためにはサプリメントなどで補うことがオススメです。

赤ワインは、どうしてフランス産が良いのか?

それは、フランス、中でも南フランスの赤ワインにレスベラトロールが多く含まれるからです。
参考:弊社栗山著書「秘密の赤ワイン」より

赤ワイン中のレスベラトロール含有量は、南フランスの初夏の日照時間古いブドウ品品種が大きく関係しています。ブドウ中にはビニフィリンというレスベラトロールの前駆体(二量体)の形でも存在します。

そのビニフィリンは、日光に長く当たることでレスベラトロールへと変化することがわかっています。ビニフィリンではなく、レスベラトロールが多く含まれるためには、南フランスの初夏のような1日15時間を超える日照時間が不可欠なのです。

また、レスベラトロールを始めとしたフィトアレキシンは、品種改良で外敵への耐性が付くと、作られなくなるとされています。品種改良された新しい品種では、レスベラトロール含有量が低くなってしまう可能性があるのです。

赤ワインのメイン関与成分OPC

赤ワインは、レスベラトロールも含まれますが、血管や心臓の健康維持のメインの関与成分は、プロアントシアニジン(ポリフェノールの1つ)であることがわかっています。その中でも、OPC(オリゴメリックプロアントシアニジン)という2~4量体のプロアントシアニジンが良いことがわかっています。プロアントシアニジンとは、タンニンやカテキンの重合物であり、重合度によって機能性も異なってくると言われています。

一般的には、単量体のカテキンやタンニンでは、体が利用しにくいと言われています。そのため、高い抗酸化力を保ちつつ体が利用しやすい2~4量体のOPCが良いとされているのです。
黒烏龍茶やプーアル茶のように、さらにカテキンやタンニンの重合度が高まると、脂肪吸収抑制などの機能性が高まってきます。
この重合(カテキン・タンニンなどの橋かけ結合)は、発酵工程によって起ります。このOPCは、発酵によって作り出される発酵ポリフェノールなのです。そのため、赤ワインの発酵工程が重要になってくるのです。

>> ポリフェノールとプロアントシアニジン フィトケミカルマップ

ヒト臨床試験も行われている信頼の原料

本原料は、順天堂大学総合診療科との共同研究として、健常人を対象にヒト臨床試験も行われ、論文発表も行われております!
試験では、1日当たり400㎎の赤ワインエキス末を摂取し、血管の柔らかさの指標であるFMD値が有意に高まり、本原料が血管の健康に寄与することがわかっています。また、収縮期血圧で減少傾向が示されており、プラセボ群と摂取群との感で統計学的な有意傾向まで示されています。

Yuji Kuriyama, Yasushi Yoshida, Sawako Hibino. Effects of Grape Extract containing Resveratrol on Sustainable Flexibility of Blood Vessels and Lipid Metabolism in Healthy Volunteers: a single center, randomized, double-blind, placebo-controlled study. J. New Rem. & Clin. 2017; 66: 783-801

魅せ方や売り方の探求も続けています

販売コンサルタントを行いながら、レスポンス広告の制作物も提供する会社として、魅せ方や売り方の探求も続けています。
常に、どのように表現すれば本原料を使用した商品が売れるかを追い続けています!

そのために、産地の写真(販促用写真の一例)を撮影するために南フランスに赴いたりもしています。

さらに、様々な分析や文献調査を行うことで、どのように量的な表現で、他社原料を使用した商品と差別化ができるかにも挑戦し続けています。
新聞などの広告媒体の審査に通るようなサポートもさせていただいております。

弊社では、本原料に限らず、選んでもらえるための努力を絶え間なく続けております。

How to Use 使用方法

1日の推奨摂取目安量

赤ワインエキス末として1日100~600mg(t-レスベラトロールとして1日5~30㎎、OPCとして1日40~240mg)

<t-レスベラトロールの推奨摂取目安量:1日10mg以上※、OPCの推奨摂取目安量:50~150mg>
※150mg以上は推奨されないケースもあり
※レスベラトロールに関する各種論文も取り揃えております。

>> レスベラトロールの摂取目安量に関する見解

アンチエイジング成分の新女王成分レスベラトロール、数十年の歴史と数多くのエビデンスを持つ信頼のアンチエイジング成分OPC、その両成分をエビデンス量を同時に摂取できる赤ワイン由来の原料です。

赤ワインエキスR5剤形実績

  • 打錠(タブレット) ※推奨
  • ハードカプセル ※高配合する場合、かさ比重の変動に要注意
  • ソフトカプセル
  • ドリンク(推奨量:50㎎/50mL以内)※ヒアルロン酸やコラーゲンと凝集反応作用あり

処方設計例

赤ワインエキスR5原料情報

梱包形態:1kg(アルミ袋)、15kg(段ボール)
在庫状況:常時在庫
原材料表示名:赤ワインエキス末(フランス製造※)※原産地表示が必要な場合
目安納期:3~5営業日
※弊社汎用原料のため、OEM供給の場合は、梱包サイズを気にする必要がございません。

その他原料情報

区分:食品
キャリア:なし
アレルゲン:なし
遺伝子組み換え:なし
BSE:対象外
最終商品における原材料名:赤ワインエキス末、黒ブドウ発酵抽出物、赤ブドウ抽出物、

安全性試験:単回投与急性毒性試験、28日反復投与毒性試験、小核試験(ラット)

赤ワインエキスR5各種資料

弊社では、本原料を用いたサプリメントやドリンク、ゼリーの商品受託製造も行っております。特に、本原料は、弊社の主力原料でもございますので、コスト競争力の高いOEM供給が可能です。
もちろん、原料販売のみの販売も行っております。
お気軽にお問い合わせください。

お問合せ

お問合せ

健康食品の機能性原料をお探しの方、サプリメント、美容ドリンク、ゼリーのOEMをご検討されている方は、お気軽にお問合せください。
異業種で初めて健康食品を製造される方も、わかりやすく丁寧にサポートさせていただきます。

目的効果カテゴリー別:売れ筋原料

美容

  美容系原料 市場動向

美白/日焼け防止

  美白系原料 市場動向
 

女性ホルモン系

  女性ホルモン系原料 市場動向
 

健康全般

  健康系原料 市場動向
 

冷え対策

  冷え性対策系原料 市場動向
 

貧血予防系

  貧血系原料 市場動向
 

リラックス系

【リラックス系原料 解説】
機能性表示食品として、ストレス対策に用いられます。その延長として、睡眠の質を高める目的の商材も人気です。近年、ギャバやテアニンは、知名度がかなり上がってきています。
 

抗糖化系

【抗糖化系原料 解説】
現在、クリニック系のルートでは、市場が成長しつつあります。一方、糖化という体内減少への理解が難しいようで、その他の市場では、広がりを見せていない状況です。

>> 処方例

ダイエット

脂肪燃焼系

【脂肪燃焼系原料 解説】
L-カルニチンや生姜が定番素材です。近年は、トクホや機能性表示食品の領域へとシフトしています。一般サプリメントの市場では、広告規制強化などにより、売りにくくなってきている商材でもあります。
一方、スポーツジムでは、こういった燃焼系の素材をプレワークアウト素材として利用されることが増えています。

吸収阻害系

【吸収阻害系原料 解説】
食物繊維系では難消化性デキストリン、植物抽出物系ではサラシアエキスや白いんげん抽出物が王道の素材です。トクホや機能性表示食品が最も強い領域であり、多くの商品が存在します。
スムージーなどにも食物繊維系の素材を配合されますが、比較的料を摂取する必要がある素材であり、コスト重視の商品ほど有効量が配合されていないケースが増えています。
糖の吸収素体をテーマとした商品の場合、クロムなども配合されることが多いです。

満腹系 ファスティングにオススメ

>> 最新市場動向 >> 処方例

便通/腸内環境

【便通/腸内環境系原料 解説】
腸内環境系原料は日本が強い領域で、発酵文化化が定着しているため、今でも市場は成長しています。腸内環境から生じる様々な効果をテーマとした商品が作られています。一方、年々、原料での差別化が難しくなり、独自原料も持っている大手企業が強い市場へと変化しつつあります。
また、近年は、参入障壁が高めの生菌サプリメントで挑戦されるお客様も増えております。
キャンドルブッシュを始めとした便通系素材は、体感が強いため、根強い人気があります。

>> 処方例

ロコモ/関節

抗炎症系

  ロコモ/関節系原料 市場動向

滋養強壮/スタミナ

  滋養強壮/スタミナ系原料 市場動向

肝機能

【肝機能系原料 解説】
ウコンのクルクミンとオルニチンが二大巨頭の原料として活躍しています。
地味な体感素材として、アラニンやアルギニンが利用されることもあります。ちなみに、中国ではウコンの市場はなく、酒毒を解す生薬である葛花(野葛茶)が定番です。

>> 処方例

アイケア

【アイケア系原料 解説】
安定した市場を形成しつつも、徐々にビルベリーからルテインへシフトする傾向も見らえます。機能性表示食品では、ルテインの方が多く市場に流通しております。
シニアだけでなく、受験生向けのサプリとしても人気です。

>> 処方例

認知機能

【骨系原料 解説】
カルシウムとマグネシウムの比率が2:1というのが最も良いとされており、ドロマイトや特殊なサンゴカルシウムがよく利用されます。
同時に、カルシウム吸収を促進するビタミンD・CPPや骨化を促進するビタミンKなども一緒に配合されます。更年期による骨の分解抑制を目的に、イソフラボンやジオスゲニンなど、ホルモン系の素材が用いられます。

>> 処方例

免疫

  免疫系原料 市場動向

スポーツ

デトックス(重金属排出)

  • α-リポ酸
  • フィチン酸
  • システインペプチド含有酵母エキス(グルタチオン)
  • 美活花80 葛花抽出物
  • 甘草
  • セレン
  • シリマリン
  • 亜鉛
  • セレニウム(セレン)
  • マグネシウム
  • センナ茎
  • キャンドルブッシュ

【デトックス系原料 解説】
食物繊維やセンナのような便通系のデトックス素材も存在しますが、肝臓の働きを高めて不要な成分を排出する素材やαリポ酸のように重金属を直接的に排出する素材も利用されています。
根強い人気の商材ではあるのですが、ミネラル排出や下痢も起こりやすい問題点があるため、体感の追及加減が難しい商材でもあります。
人気の炭については、医療の現場でも活躍するデトックス素材でもありますが、腸内環境が悪い方などは禁忌とされていたりもします。便秘を起こしかねないので、カリウムを入れるなど、商品設計には細心の注意と工夫が必要です。

>> 処方例

ED/LOH(男性更年期)

育毛

漢方素材

【漢方系原料 解説】
漢方系の商材は、薬機法などを考慮して和漢として利用されることが多いです。

変り種

  • 酒粕エキス末
  • 米こうじ粉末
  • イワベンケイエキス末
  • クロレラCGF
  • クリルオイル
  • 強壮ミックス末

【変り種系原料 解説】
世の中には、様々な原料が存在します。あまり利用されないような変わり種な原料を使用することで、商品の差別化も可能です。

妊活

PMS

  PMS系原料 市場動向

美容やアンチエイジングの目的も含んだ商材が多いです。

消臭

【消臭系原料 解説】
臭いの原因は、加齢臭のミドル脂臭や腸内環境など、いくつかに分類にされています
イメージとしてブルガリアンローズ、エビデンスのあるハーブ系の素材も人気です。腸内環境から臭い対策を行うコンセプトの商材も多く、乳酸菌なども利用されることも多いです。ミドル脂臭には、オルニチンが利用されます。

中国向け

【中国向け原料 解説】
中国向けの人気原料は、酵素・ナットウキナーゼ・フコイダンというものから、レスベラトロール・エラスチン・プロテオグリカンなどへと常に変化しています。
近年では、例えばブドウのような食系系の長い植物の抽出物も正規通関が通りにくくなっています。今後、大きな変化が予測され、ますます原料の選定が難しくなると予測されます。

また、上記以外の原料についても販売しておりますので、お気軽にご相談ください。

お問合せ

お問合せ

健康食品の機能性原料をお探しの方、サプリメント、美容ドリンク、ゼリーのOEMをご検討されている方は、お気軽にお問合せください。
異業種で初めて健康食品を製造される方も、わかりやすく丁寧にサポートさせていただきます。
このページのトップへ
PCサイトに表示切り替え
スマートフォンサイトに表示切り替え